第69巻第3号
配電機材に対する劣化環境の定量評価

  • 概要
  • 本報告書は,6 つの章により構成されており,配電機材に対する劣化環境の定量評価について記載している。
  • 第1 章では,本委員会の目的と調査結果概要をまとめた。第2 章では,配電設備に影響を及ぼす環境因子について整理した。第3 章では,電力中央研究所や電力各社が所有している落雷数,雷害実績,設 備実態について調査・分析を行い,季節別・設備別の雷害実態を用いて,リスク評価を行った。第4 章では,近年の塩汚損による被害実態を把握するとともに,全国で共通がいしを用いた曝露試験を実施し,塩 汚損の付着特性などを評価した。第5 章では,電力各社の腐食の被害実態および様相を把握するとともに,全国で共通曝露試験片を用いた曝露試験を実施し,気象因子と腐食速度の関係などについて評価した。第 6章では,第3 章から第5 章のまとめをするとともに,配電機材に対する劣化環境の定量評価の今後の展望について記載した。

発刊:平成25年

目次のPDFを見る

(C)Copyright 2001-2008 Electric Technology Research Association. All Right Reserved.