第34巻第6号
フォルトロケータ標定信頼度向上対策

  • フォルトロケータの種類と原理/フォルトロケータの種類/パルスレーダ方式の標定原理と動作概要/サージ受信方式の標定原理と動作概要/送電線故障時の電圧、電流を利用したロケータの標定原理/送電線上の高周波インパルスおよび故障サージの特性/高周波インパルスの特性/故障サージの種類とその特性/フォルトロケータの現状/施設状況/送電線トリップの実態/フォルトロケータの標定率の考え方/標定動作の実態/フォルトロケータの障害状況/標定信頼度向上対策/パルスレーダ方式の標定信頼度向上/サージ受信方式の標定信頼度向上/運用面からの信頼度向上/システムの設計/目標標定率/システム設計/今後の課題と将来展望/今後の課題/システムの将来展望

発刊:昭和53年

目次のPDFを見る

(C)Copyright 2001-2008 Electric Technology Research Association. All Right Reserved.