刊行物のご案内

第59巻 第1号
保護リレーシステム開発・保守運用の効率化
全文を見る
保護リレーシステムの開発・保守運用効率化 総説/保護リレーシステムの現状と役割/保護リレーシステムの変遷/保護リレーシステムの役割と成果/保護リレー適用方式の現状と分析/保護リレーシステムの機能と信頼度の現状/ディジタルリレーの機能(仕様比較)/ディジタルリレー故障実態/信頼度分析評価/保護リレーシステムの開発・設計の現状/開発設計技術の変遷/保護リレーシステム開発・設計・製作の現状/品質管理と試験に関する現状/保護リレーシステムの保守運用の現状/保守運用の実施内容/保守運用に関する業務量実態/開発の視点から考えた保守運用/保護リレーシステムの開発・設計効率化の課題と方策/ハードウェア/ソフトウェア/品質管理・試験/機能統合/仕様の相違/開発技術の継承/保護リレーシステムの保守運用効率化の課題と方策/電力会社での保守運用効率化方策の現状と課題/保守運用効率化と技術継承/保護リレーシステムの国際動向/保護リレーシステムに関する海外と日本の違い/ネットワーク技術の適用/保護リレーシステムにおける今後の効率化方策の提言/マルチユーザ対応リレーの採用/試験の簡略化/点検の簡略化/遠隔運用機能の活用/自動監視機能の活用/廃形対応/効率化を踏まえた技術継承
テキスト価格 会員 5,100円 非会員 10,200円
発刊:平成15年

【ご注意】こちらの刊行物はダウンロード販売のみとなります。

これ以上、購入を検討する刊行物がない場合は、こちらまたは、
画面上部の[刊行物の購入申込]ボタンより、申込みを行ってください。

在庫なし(ダウンロード販売のみ)

報告書の利用範囲について
当研究会で取得した書籍やコンテンツの一部または全部を無断で複写、複製・翻訳及び磁気または光記録媒体への入力等は、法律で認められた場合を除き、著作権者の権利侵害になりますので、これらの必要がある場合は、予め当研究会へご照会ください。
また、取得した電子版(PDF)のコンテンツは個人向けのサービスであり、サーバーあるいは個人の記録装置に置き、複数で共有する等の利用を禁じます。