刊行物のご案内

第67巻 第1号
地中送電設備の劣化診断技術とアセットマネジメント
全文を見る
近年の電気事業を取り巻く環境は、電力需要の飽和傾向がみられる中、各電力会社では設備の拡充・増強より、設備維持に重点を置いた運用が必要になってきております。
地中送電設備においても、高経年設備の割合が年々増加していく中で、設備維持コストを抑制しつつ、将来的なリスクを減らし、いかに信頼度を維持していくかが求められており、設備の状態把握を目的とした劣化診断技術や、効率的に設備維持を図るアセットマネジメントの重要性が高まっております。
このような背景から、電気協同研究会は「地中送電設備の劣化診断技術とアセットマネジメント専門委員会」を設置し、約2年半にわたる調査研究を進めて参りました。
本書は、その研究成果をとりまとめたもので、地中送電設備に対する劣化診断技術、地中送電設備のリプレイス技術やアセットマネジメントの動向調査結果をとりまとめるとともに、地中送電設備におけるアセットマネジメントのモデル例を示しております。
特にアセットマネジメント検討においては、いろいろな分野で行われているアセットマネジメントの動向や手法を調査し、地中送電設備特有の条件等を考慮したアセットマネジメントの考え方を示しております。
テキスト価格 会員 3,890円 非会員 7,780円
発刊:平成23年

【ご注意】こちらの刊行物はダウンロード販売のみとなります。

これ以上、購入を検討する刊行物がない場合は、こちらまたは、
画面上部の[刊行物の購入申込]ボタンより、申込みを行ってください。

在庫なし(ダウンロード販売のみ)

報告書の利用範囲について
当研究会で取得した書籍やコンテンツの一部または全部を無断で複写、複製・翻訳及び磁気または光記録媒体への入力等は、法律で認められた場合を除き、著作権者の権利侵害になりますので、これらの必要がある場合は、予め当研究会へご照会ください。
また、取得した電子版(PDF)のコンテンツは個人向けのサービスであり、サーバーあるいは個人の記録装置に置き、複数で共有する等の利用を禁じます。