刊行物のご案内

第70巻 第2号
ガス絶縁開閉装置の保全高度化
全文を見る
 1970 年代後半~1990 年代前半の安定成長期に系統拡充や信頼度向上策によって,大量に導入されてきたガス絶縁開閉装置(以下GIS と略す)は,開発されてから40 年あまりが経過し,高経年期を迎える中,安定成長期から低成長期への移行とともに,電力自由化の進展が図られてきており,社会インフラとしての役割から,安定供給に向け万全を図るとともに,徹底したコスト低減が求められている。
 このような状況下,使用者および製造者では,機器の寿命推定のための劣化調査が進められており,一部では劣化進展に伴う更新も行われている。
 今後は,更新による工事物量増大への対応と作業停止制約の中で更新対応を順次進める必要があることから,延命化もしくは更新を判断するための劣化評価に関する知見が必要である。
 そこで,今回の電気協同研究ではこれらの背景を踏まえ,最新の障害内容,劣化評価に関する知見および情報を収集し,劣化メカニズムとその評価を行い,延命化および更新の考え方構築に向けた研究を行った。
【主な記載内容】
 第Ⅰ編に「総説」としてまとめを述べ,第Ⅱ編「現状調査」では,設備量の推移,事故・障害の傾向分析,劣化調査状況の傾向,最新の劣化診断技術や判定値および設計・製造・保全面での寿命に関する調査結果について述べている。
 第Ⅲ編「GIS の劣化事象と保全方策」では,初期形GIS の構造的特徴や変遷をとりまとめ,初期形GIS を中心として抽出した特徴的な劣化事象に対しての保全方策を提案した。さらには,GIS の寿命を決定づける部位の劣化に対しては,劣化要因による影響の分析を踏まえ,全国大のフィールドデータ分析から現状における劣化評価を行った結果を述べている。
 第Ⅳ編「GIS の延命化および更新の考え方」では,これまでにGIS の延命化および更新に至った実態を調査した結果を参考にして,劣化に対する延命化および更新の考え方の概略フローを取りまとめた。さらには,将来的に増加していく高経年GIS の設備量を踏まえ,優先順位づけが可能な評価表の提案を行い,更新時の配慮事項も含めて,更新判断に資する評価項目を取りまとめた結果を述べている。
 第Ⅴ編「劣化データの蓄積」では,現状の課題と今後も継続して蓄積が必要な対象および評価項目,劣化要因分析に必要な諸元データを取りまとめ,提言した。
    本書は、電力会社や受変電設備を実際に維持管理している関係者の方々をはじめ、電気技術者や電気技術者を目指す方々にまで広く活用され、現場での座右の書として身近においていただけるものと確信しております。より多くの皆様からのお申し込みをお待ちしております。
*「新規刊行物のご案内」画面には、委員長推薦文も掲載して御座いますので、是非ご覧ください。

テキスト価格 会員 4,860円 非会員 9,720円
発刊:平成26年

【ご注意】こちらの刊行物はダウンロード販売のみとなります。

これ以上、購入を検討する刊行物がない場合は、こちらまたは、
画面上部の[刊行物の購入申込]ボタンより、申込みを行ってください。

在庫なし(ダウンロード販売のみ)

報告書の利用範囲について
当研究会で取得した書籍やコンテンツの一部または全部を無断で複写、複製・翻訳及び磁気または光記録媒体への入力等は、法律で認められた場合を除き、著作権者の権利侵害になりますので、これらの必要がある場合は、予め当研究会へご照会ください。
また、取得した電子版(PDF)のコンテンツは個人向けのサービスであり、サーバーあるいは個人の記録装置に置き、複数で共有する等の利用を禁じます。