刊行物のご案内

第72巻 第5号
デジタライゼーションの動向と電力事業における今後の展望
全文を見る
【概要】 
 本報告は昨年10月25日に200点近くの図表を用いて標記テーマで行われた講演とパネルディスカッションの内容を取りまとめたものです。本講演では『デジタライゼーション』に先行して取り組まれ実績をあげている企業の皆様に参加いただきその先進的な取り組みをご説明頂くとともに、電気事業者の講演者からもデジタライゼーションに係る電気事業の現状と動向について紹介いただいております。
 現在、「第4次産業革命」とも呼ぶべきIoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能(AI)等による技術革新が従来にないスピードとインパクトで進行しているといわれていて、その方向性がデジタライゼーションと表現されています。しかしながら、デジタライゼーションといってもそもそも何なのか、何をしたらいいのか理解しにくい面があります。
 さらに、各当事者が其々事業の特徴、おかれた環境を考慮し自らの取り組みの方向を決定することが必要とされています。こうしたことから、本研究討論会の各講演とパネルディスカッションは『デジタライゼーション』を進める立場の皆様のみならず、現場での実応用を考える皆様にとって極めて有用な報告書となったと考えております。
 具体的な報告書の内容は以下に記載した目次及び別添の「研究討論会の概要」で紹介しております。電気事業はもとよりデジタライゼーションに取り組まれている多くの方々にご利用いただきたく、ここにお勧めする次第です。
テキスト価格 会員(CD付)3,240円 非会員(CD付)6,480円
会員(CD無)2,430円 非会員(CD無)4,860円
発刊:平成28年

これ以上、購入を検討する刊行物がない場合は、こちらまたは、
画面上部の[刊行物の購入申込]ボタンより、申込みを行ってください。

在庫あり

報告書の利用範囲について
当研究会で取得した書籍やコンテンツの一部または全部を無断で複写、複製・翻訳及び磁気または光記録媒体への入力等は、法律で認められた場合を除き、著作権者の権利侵害になりますので、これらの必要がある場合は、予め当研究会へご照会ください。
また、取得した電子版(PDF)のコンテンツは個人向けのサービスであり、サーバーあるいは個人の記録装置に置き、複数で共有する等の利用を禁じます。