第68巻第2号
水力発電所現場試験指針

  • 概要
  • 本報告書は昭和57年に発刊された電気協同研究第37巻第6号「水力発電所現場試験指針」について,試験項目,試験要領の見直しを実施したものである。さらに第37巻第6号では適用外であった一般水力発電所の新設,オーバーホールの試験まで適用範囲を拡大して記載した。本文は5章によって構成される。
  • 本報告書では,はじめに国内の水力発電所を保有する電力会社や公営電気事業者,また主要製造会社などに対して水力発電所現場試験指針の活用実態および変更ニーズを調査し,その分析結果を評価して各章ごとの記載内容に反映している。
  • 第1章ではまえがき,適用範囲として当指針を適用できる範囲,用語,作成にいたる審議経過について記載している。第2章では現場試験計画上の留意点,試験実施上の一般的注意事項および関連法令などを記載している。
  • 第3章では試験項目選定上の留意点,試験項目一覧表を記載し,第4章では無水試験要領,第5章では有水試験要領を記載している。付録として試験工程実績例や主要製造会社の設定値などに関する考え方,水車性能評価に関する調査結果などを添付している。

発刊:平成24年

目次のPDFを見る

(C)Copyright 2001-2008 Electric Technology Research Association. All Right Reserved.